Du mercredi 16 au samedi 26 juin 2021
≪ Tous les etres vivants ≫ - Exposition de 4 artistes de la peinture Nihonga!

主に東京でご活躍の4名の若手女性日本画家を、 大阪にて紹介させていただきます。
動物や花など生あるものを、日本画の画材を駆使して力強く描きあげた、各々新作4-6点の出展です。 
この時期、ぜひご高覧いただきたい企画展です。お越しをお待ち申し上げております。

 


■4名のステイトメントと作品

この他の作品はメゾンダールのオンラインサイトを  ご覧ください。 

 

慶野智子

生物の持つ生と死 、そのどちらにも美しさがあり惹かれる何かがあります。それに気付くこと、また表現することができたらと思い制作を続けています。 

女子美術大学大学院 修士課程 日本画専攻 修了

「グレイシャースカイ」
180×140mm / 岩絵具、水干、墨、胡粉、雲肌麻紙

34.720円(額、税込み)

 

Suisui 

命とその記憶・繋がり・境界をテーマに岩絵の具で制作している。 誰かとともに過ごした日々はやがて過ぎ去るが、それらは消えることなく私たちの一部となって生き続ける。 

女子美術大学芸術学部美術学科 日本画専攻 卒業

「暖かな白いテラス」
180×180mm/ 岩絵具、膠、アートグルー、杉原紙

25.300円(額、税込み)

 

竹原美也子

動物と私たちは言葉で会話することができませんが、彼らが私たちに語りかけるその表情を描くことで、寄り添い分かち合いたいと思い制作しています。

武蔵野美術大学大学院 日本画コース 終了

「ブルちゃん」
273×190mm/ 岩絵具、水干絵具、銀箔、麻布

88.000円(額、税込み)

 

藤原宇希子

人の手によって自然を模倣して作られた生物棲息環境「ビオトープ」をモチーフとし、対象を定点観察するような気持ちで描いている。 


女子美術大学大学院 修士課程 日本画研究領域 修了
女子美術大学大学院 同大学院博士後期課程 満期修了

「織部におたまじゃくし」
180×180mm/箔、岩絵具、墨、白麻紙、雲肌麻紙

38.000円(額、税込み)



TOP(日本語)


TOP


Copyright (C) MAISON D'ART All rights reserved.