メゾンダール・銀座アワード第2期 準入選、佳作アーティストによる展覧会です。 

この度、メゾンダール本店大阪にて、ギンザ・アワード準入選、佳作の新人アーティスト3人
 - akari × 加賀谷僚一 × tokita misuzu
それぞれ新作10数点による実験的展覧会を開催します。 Picky とは、こだわりという意味。
ドローイング、ペインティング、イラストレーション。デヴュー3人の瑞々しい感性光る空間を、ぜひお見逃しなくご高覧くださいませ。



S.C.V.

akari/滋賀在住。2016年 京都造形芸術大学 情報デザイン学科卒業。京都造形芸術大学卒業作品展-奨励賞、Conqueror Design Contest2017-18優秀賞、受賞。作品は、髪の毛のようなテクスチャーで描いています。毛皮を纏わないものにも、より生命感を与えると思います。

加賀谷僚一/2014年大学卒業後、企業でプログラマーとして勤務。2018年 退職。2019年より本格的に絵画制作開始、新たな一歩を踏み出す。制作は、自分の思考の形を写し取りたいという気持ちで、特定対象ではなく、湧き出るイメージを追い自然に手を動かして描いている。

tokita misuzu /大阪出身、韓国、シドニーに留学。現在東京在住。視覚的瞬間を切り取るデジタルのフラットで直線的なイメージに、温かみのあるラインを生み出すことを目指している。キャラクターの女の子の名前はRuby(ルビー)紅玉。情熱、純愛など、語源を赤(ラテン語 ルベウス)とする大好きな宝石にちなんでいます。



日本語 BACK