「東京へ、パリへ、海外へ」がコンセプト、
メゾンダール・ギンザアワード第2期募集中!
関西のアーティストの作品を男女問わず広く募集します


伊藤桂司、寺田順三、

両氏を審査員にお迎えしました!!



 



  応募期間:2/21(木)−4/21(日)!
締め切りました。
ギンザでの個展もしくは、グループ展でご紹介!
大阪、パリ、他でもご紹介させていただきます。
*オリジナル2点の画像と、
申込書をメールでお送りください。

*参加費は、メールで応募された日にお振込みください。
 


お申込は、こちらから。


銀行口座

三菱UFJ銀行 上町支店 3502202
有限会社ワイズ・カンパニー


 


第2期は、実行委員会メンバーに加え、東京、大阪から強力なお二人の審査員が加わりました。

伊藤桂司(いとう けいじ)
1958年、東京生まれ、東京在住。グラフィックワーク、アートディレクション、映像を中心に活動。
2001年東京ADC賞受賞。キリンジ、PES、テイ・トウワ、スチャダラパー、高野寛、ohana、オレンジペコー、ボニー・ピンク、愛知万博EXPO2005世界公式ポスター、イギリスのクラヴェンデール、SoftBankキャンペーン、KEIJI ITO × graniph Collaboration 他多数のヴィジュアルを手掛ける。個展多数。国内外の展覧会にも参加。作品集は『LA SUPER GRANDE』(ERECT LAB.)、『TAPES - SUPER CASSETTE SOUNDS 2』(UFB)他多数。UFG代表。



寺田順三 (てらだ じゅんぞう)
1961年、大阪生まれ、大阪在住。デザイナー、イラストレーター、絵本作家、版画家。カムズグラフィック主宰。2004年、絵本『タビの雑貨屋』(作、絵)、2005年、読売新聞連載小説『ミーナの行進』(小川洋子)の挿絵、2008年、Chronicle Books(アメリカ)での商品化。2010年、テレビアニメ『カルルと不思議な塔』のキャラクターデザイン、舞台設定。など、挿絵や絵本、広告、雑貨、版画制作など多岐にわたり活躍中。銀座プランタン(2006)、美術館「えき」KYOTO(2011)他、東京、大阪、神戸等で展覧会多数。
神戸芸術工科大学講師、京都造形芸術大学客員教授。


 


第1期実績については、こちら

募集期間 :7月14日(土)〜8月31日(金)まで
結果発表日:9月4日(金)入選者14名全員を大阪でご紹介。
また、1名をパリでの企画展で、1名を香港のアートフェアでご紹介予定。

1名を、SNBA/Salon des National Beaux Arts 2018 でご紹介いたしました。
会期:2018年12/13 (木)- 12/16(日)


  パリの伝統あるフェアに推薦させていただきます。
(こちら、昨年はご紹介いたしましたが、該当者のない場合もございます。)
SNBA/Salon des National Beaux Arts 2019
場所:ルーブル美術館地下、カルーゼル・ドゥ・ルーブル
主催:Société Nationale des Beaux Arts/フランス国立美術協会
 

お問い合わせ

メゾンダール・ギンザアワード実行委員会

メール:nouvelle@maison-art.org


 
Copyright (C) 1997-2019 MAISON D'ART All rights reserved.

 


TOP